D-Movie(No.842)

・邦題:『アンノウン』
・原題:『UNKNOWN』
・監督:ジャウマ・コレット=セラ
・脚本:オリヴァー・ブッチャー、スティーヴン・コーンウェル
・キャスト:リーアム・ニーソン、ダイアン・クルーガー他
・制作:2011年/アメリカ、ドイツ
・ジャンル:アクション
・上映時間:113分
・評価:★★★


学会に出席するため、妻エリザベスとベルリンに降り立った植物学者のマーティン・ハリス博士。ホテルへ着いたところで忘れ物に気付いた彼は妻を残し、タクシーで空港へと引き返すことに。だがその道中、事故に見舞われ、4日間もの昏睡状態に陥ってしまう。目を覚ました病院で本来の目的を思い出し、学会が開かれるホテルへ急ぐマーティン。しかし、彼を待っていたはずの妻はマーティンを“知らない人”と言い放ち、彼女の傍らにはマーティンを名乗る見ず知らずの男がいた。真相を探るべく奔走するマーティンだったが、何者かに命を狙われたことから、この一件にうごめく陰謀の存在を確信する...という物語。

『バットマン ビギンズ』(2005)以降、アクション俳優としての地位を確立した感のあるリーアム・ニーソン主演のアクション・サスペンス。交通事故から生還後、妻からは他人扱いされ、見知らぬ他人が自分になりすましているという不条理な状況に陥った男の運命を描いた物語。サスペンスでは割りとよくあるシチュエーションですが、どんでん返しもありつつ、結末の落とし所がなかなか上手くて感心しました。リーアム・ニーソンは、混沌とした状況の中で、困惑しながらも自分を見失わない演技が抜群ですね。サスペンス映画が増えるわけです。しっかりとアクションも楽しめる一作。

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー