D-Movie(No.813)

・邦題:『トールマン』
・原題:『THE TALL MAN』
・監督:パスカル・ロジェ
・脚本:パスカル・ロジェ
・キャスト:ジェシカ・ビール、ジョデル・フェルランド他
・制作:2012年/アメリカ、カナダ、フランス
・ジャンル:サスペンス
・上映時間:106分
・評価:★★


ワシントン州の炭鉱町コールド・ロック。かつては賑わいを見せたこの町も、鉱山の閉鎖によって今やすっかり寂れてしまっていた。そこへきて今度は、幼い子どもばかりが忽然と姿を消す不可解な事件が立て続けに発生する。目撃者の証言などから、フードを被った背の高い男“トールマン”の仕業との噂が広まる。そんな中、町の小さな診療所で働く看護師ジュリアの最愛の息子が何者かに連れ去られてしまう。必死に行方を追い、町外れのダイナーに辿り着いたジュリア。しかしそこで彼女が目にしたものは、あまりにも不可解な住民の態度だった..という物語。

『マーターズ』(2007)で全世界のホラー・ファンから注目を浴びたパスカル・ロジェ監督作品。都市伝説”トールマン”の恐怖におびえる村を舞台にしたサスペンスドラマ。人間を超越した殺人鬼的存在を題材にしたサスペンスやホラーはたくさんあり、本作もそのカテゴリーながら、スプラッタ要素はなく、一応サスペンス志向のドラマとなっています。中盤以降、どんでん返し的に話の方向性が変わってくる展開は面白いのですが、その分、破綻してしまう部分も多くなり、謎が残るという意味では好き嫌いが分かれそう。監督はアメリカの幼児失踪に関する数字からヒントを得たとのことですが、全体的に少し無理がある感じが残念。

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー