D-Movie(No.765)

・邦題:『ザ・シャウト/さまよえる幻響』
・原題:『THE SHOUT』
・監督:イエジー・スコリモフスキ
・脚本:イエジー・スコリモフスキ他
・キャスト:アラン・ベイツ、スザンナ・ヨーク他
・制作:1978年/イギリス
・ジャンル:ドラマ
・上映時間:87分
・評価:★★★★


精神病院で開催されたクリケット大会にスコアラーとして参加したロバートは、そこで出会ったクロスリーという男から奇妙な回想話を聞かされる。それは、クリケット大会に参加しているアンソニーとその妻との物語。妻とふたりで暮らす音楽家アンソニーは、教会からの帰り道に謎の男クロスリーに出会う。クロスリーはなぜかアンソニーの自宅に押しかけ、かつて自分の子どもを殺したこと、そしてオーストラリア先住民から叫び声で人を殺す能力を授けられたことを夫妻に打ちあける。妻もアンソニーも彼と距離を置こうとするが、徐々に彼のペースに巻き込まれ、やがて幸せな夫婦生活に危機が訪れる...という物語。

ポーランドの鬼才、イエジー・スコリモフスキ監督作品。”叫び声”で人を殺すことが出来るという、謎の男クロスリーによって生活を蹂躙される夫婦の物語。とはいえ、それはクロスリーの言葉によって回想として語られるという不思議な設定。スコリモフスキ作品としては珍しく、ホラー要素が色濃く演出されています。ちまちまと日常の音を拾い集めている男が、謎の男の叫びで吹き飛ばされてしまう。人間の心の中の欲望が、オカルト的なものや寓話的なものに付け入る隙を与えてしまう恐ろしさを描いていると思います。ちなみに本作は、同年のカンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞しました。

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー