D-Movie(No.806)

・邦題:『大列車強盗団』
・原題:『ROBBERY』
・監督:ピーター・イエーツ
・脚本:ピーター・フィラルディ
・キャスト:スタンリー・ベイカー、ジョアンナ・ペティット他
・制作:1967年/イギリス
・ジャンル:サスペンス
・上映時間:114分
・評価:★★★


ある日、ロンドンの大通りで宝石商の自動車が事故を起こす。そこにタイミングよく救急車が到着。宝石商を連れ去っていく。実はこの救急車がギャングによる強盗だと判明。裏で事件を操っているポールという男。彼は、この宝石商から奪った宝石を軍資金に、夜行郵便列車に積まれた約30億円の紙幣の強奪を企てる。15人の仲間と共に遂に作戦は決行されるが、ひとりのミスから計画は崩れ始める...という物語。

1963年8月にロンドン郊外で起きた30億円にものぼる列車強盗事件を映画化した犯罪サスペンス。冒頭の何が起こるのかわからない緊張感と、カーチェイスがすごいっ。スタイリッシュでかっこいいです。ピーター・イエーツはこの作品でのアクション・シーンの手腕が買われ、スティーブ・マックイーン主演のアメリカ映画『ブリット』(1968)の監督に抜擢されたそうです。実話が元になっているとのことで、若干地味な感じはありますが、それでも犯罪集団と警察のやり取りは手に汗握ります。同じくスティーブ・マックイーンが登場する『大脱走』(1963)のように、犯罪者それぞれの個性やエピソードが描かれていればもっエンターテイメントとして楽しめたかも。

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー