D-Movie(No.781)

・邦題:『宇宙人ポール』
・原題:『PAUL』
・監督:グレッグ・モットーラ
・脚本:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト
・キャスト:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト他
・制作:2010年/アメリカ
・ジャンル:SFコメディ
・上映時間:104分
・評価:★★★


アメリカのコミック業界最大のイベント“コミコン”に参加するため、イギリスからはるばるやって来たSFオタクの若者グレアムとクライブ。そんな彼らのもう一つの目的は、アメリカ西部に点在する有名なUFO関連の名所を巡ること。さっそくキャンピングカーでドライブに繰り出すが、いきなり車の事故現場に遭遇、様子を見に近づいた2人の前には、なんと本物の宇宙人が姿を現わしたのだった。“ポール”と名乗った宇宙人は、60年前に不時着して以来、政府機関に囚われの身となっていたのだった。グレアムとクライブは、アメリカ文化に染まりきったポールの言動に戸惑いつつも、彼を故郷の星に帰してあげようと一肌脱ぐことにするのだが...という物語。

テレビでよく見る、大人二人に挟まれて手をつながれている、囚われの宇宙人、まさにそれが本作の主人公。彼らと旅をする二人のオタク度もすごい。全編を通して、『E.T.』、『未知との遭遇』、『Xファイル』などなど、映画の知識があればさらに楽しめる小ネタが満載です。音楽も80年代テイストがてんこ盛り、懐かしさあふれるB級テイストムービーとなっています。イギリス人が主人公なので、アメリカ文化をちょっとおちょくったところなど、皮肉も盛り込まれていて面白いです。ただ、下ネタなども多いので、映画や音楽系の小ネタに興味が沸かないと、笑いどころがわかりにくいところも多く、観る人を選ぶかも。

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー