D-MovieNo.666)

・邦題:『ガンシャイ』
・原題:『GUN SHY』
・監督:エリック・ブレイクニー
・脚本:エリック・ブレイクニー
・キャスト:リーアム・ニーソン、サンドラ・ブロック他
・制作:2000年/アメリカ
・ジャンル:ドラマ
・上映時間:101分
・評価:★★


【 コメント 】
クリストファー・ノーラン監督の『バットマン』シリーズでも独特の存在感を放っていたリーアム・ニーソン主演のドラマ。心にトラウマを抱える覆面捜査官が仲間の助けを借りて活躍する様子をコメディタッチで描いた作品。監督はエリック・ブレイクニー。『スピード』(1994)のサンドラ・ブロックが主演を務めるとともに、製作にも関わっています。

麻薬捜査局(DEA)の覆面捜査官として18年活動してきたチャーリー。彼の活躍は伝説となっているほどだったが、ある捜査の失敗で危機一髪の窮地に陥り、一命は取り留めたものの、それ以来自信をなくしてしまい、ストレス性の腹痛に苦しむ日々。引退を申し出るも受け入れられず、新たなおとり捜査のためにニューヨークに送られる。心の病を治すため、セラピーを受けながら捜査に挑む彼だったが、ある日病院で浣腸をしてもらった際、担当の看護婦ジュディの優しさに触れ、彼女に恋心を覚える。お互いに惹かれあった二人だったが、マフィアを相手にしたチャーリーの捜査もいよいよ佳境を迎えようとしていた...という物語。

リーアム・ニーソンがこれだけ軽妙な演技を見せるのも珍しいと思いますが、主人公のキャラクターにあっているかどうかちょっと疑問でした。サンドラ・ブロックとの組み合わせも悪くありませんし、脇を固めるオリヴァー・プラットもいい味を出しているのですが、彼の真面目なキャラが、コメディとサスペンスの間でゆれてしまい、どっちつかずな感じになってしまいました。チャーリーのトラウマになっているエピソードは相当おバカですし、グループセラピーで捜査のことを淡々と話していること自体もかなりヤバいんですが、そのあたりのズレがあまり笑いにつながっていないのが残念。大きな山場もなく、ラブロマンスも何の苦もなく成立してしまいますしね。脚本の問題なのか、それともキャスティングの問題なのか。ただ、ラストのドッキリは多少無理があるものの、ひねりが効いていて楽しめました。

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー