D-Movie(No.851)

・邦題:『ドラムライン』
・原題:『DRUMLINE』
・監督:チャールズ・ストーン三世
・脚本:ティナ・ゴードン・キスム、ショーン・シェップス
・キャスト:ニック・キャノン、ゾーイ・サルダナ他
・制作:2002年/アメリカ
・ジャンル:ドラマ
・上映時間:119分
・評価:★★★


ニューヨークのハーレム育ちの青年デヴォン。天才的なドラム・テクニックを持つ彼は、その才能が認められてアトランタのA&T大学に奨学金を得て入学、そこの名門マーチング・バンドに入るのだった。マーチング・バンドは、スポーツ競技のハーフタイム12分間に、華麗で一糸乱れぬパフォーマンスを披露するもの。A&T大学はライバル校モーリス・ブラウン大学との優勝を賭けた対決を控えていた。入部早々鮮やかなテクニックで周囲を圧倒するデヴォンだったが、自らの才能に溺れ、度を過ぎた発言やパフォーマンスを繰り返すことで、バンド・メンバーや監督との軋轢を生んでしまう...という物語。

日本では考えられないほど盛り上がる、アメリカのフットボールで披露される”マーチング・バンド”によるハーフタイムショウ。そのパフォーマンスに青春をかける若者たちの対決を描いたドラマ。とにかく見どころはド迫力のマーチング・バンド演奏シーン。楽団による演奏をこれだけ見事なエンターテイメントに昇華させてしまうところがさすがアメリカ。演奏される曲もかっこいい。音楽のみならず、演出のリズムも良い優等生の青春ドラマです。しかしながら、どちらかと言うと和太鼓が好きな身としては、粉を撒いたり、スティックを投げ捨てたり、ド派手で荒っぽいパフォーマンスにはさすがにちょっとびっくり。

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー