D-Movie(No.581)

・邦題:『ダージリン急行』
・原題:『THE DARJEELING LIMITED』
・監督:ウェス・アンダーソン
・脚本:ウェス・アンダーソン他
・キャスト:オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ他
・制作:2007年/アメリカ
・ジャンル:ドラマ
・上映時間:91分
・評価:★★★


【 コメント 】
父の死をきっかけに一年にわたって疎遠となっていたホイットマン三兄弟。長男のフランシスは、兄弟の絆を取り戻すため、次男ピーター、三男ジャックとともに、インドを旅することを計画。インド北西部を走るダージリン急行に三兄弟が乗り合わせる。バイク事故で瀕死の重傷を負ったフランシス、妊娠中の妻と上手くいっていないピーター、家族をネタに小説を書いているジャック。三者三様の生き方をしている彼らは、時に喧嘩し、時にハプニングに巻き込まれながら、徐々にお互いの理解を深めていく...という物語。主演はオーウェン・ウィルソン(フランシス)、エイドリアン・ブロディ(ピーター)、ジェイソン・シュワルツマン(ジャック)。監督は『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』(2001)や『ライフ・アクアティック』(2005)で世界中の注目を集めたウェス・アンダーソン。

一部では”天才”と評されるウェス・アンダーソン監督。個人的にもその才能は認めるのですが、何となく肌に合わないんですよね...。あまりにも映画らしい、というか、悪くいうと作り物っぽいというか、エピソードの連続振りにすぐにおなか一杯になってしまうんです。しかしながら、本作は別。舞台がインドということもあってか、設定や周辺人物にもどこかのんびりした雰囲気が漂い、いい意味で力が抜けている感じがします。映像はもちろんいつも通りこだわっていて、色彩も美しく、インドという土地を越えた異国感が漂っています。音楽の合わせ方もホントうまい。なぜインドの荒涼とした風景とおんぼろ列車という背景にバリバリのブリティッシュロックが合うのか?まさにマジックです。
さまざまな喧嘩やトラブルがありつつ、徐々に兄弟が心を通わせていくプロセスもウェス・アンダーソン流。特段、これといった決め手は無いのですが、混沌とした中でいつの間にか兄弟の絆が形成されていきます。個人的にはもっとまったりした作品が好きなので★3つですが、ほのぼのと楽しい作品です。

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー