D-Movie(No.831)

・邦題:『ブルー・リベンジ』
・原題:『BLUE RUIN』
・監督:ジェレミー・ソルニエ
・脚本:ジェレミー・ソルニエ
・キャスト:メイコン・ブレア、デヴィン・ラトレイ他
・制作:2013年/アメリカ、フランス
・ジャンル:サスペンス
・上映時間:91分
・評価:★★★


ホームレスのドワイトは、ビーチ際で廃車と見紛う古ぼけた青いセダンで寝起きする生活を送っていた。他人の家に侵入してはシャワーを浴び、ゴミ箱を漁っては食料を探して食いつなぐ日々。そんなある日、警察に呼び出されたドワイトは、自分の両親を殺した犯人が司法取引により釈放されたことを告げられる。自分の人生を壊した男が釈放されるという事実に衝撃を受けた彼は、何も持たず、たった1人で、ただ復讐を果たしたいというその目的のために青いセダンを走らせ犯人の元へ向かうのだが...という物語。

冒頭から主人公が一切セリフを言わずに復讐まで漕ぎ着ける演出が見事。コーエン兄弟の作品が好きな人にはたまらないスタイリッシュ雰囲気です。一方で、そういう映画的な手法とは裏腹に、復讐という非日常的な行為を徹底的にリアルに描くことにより、行為の残忍さ、無益さをあぶり出しています。破滅(=ruin)に向かっているのがわかっていながら、それでも止められない主人公の心情が映像から伝わってきます。かなり大きな助けとなる友人の登場もあり、もっとうまくやれるはずでは?という疑問が多少なりとも湧き上がって来るのも事実。それでも圧倒的な緊張感の中で、人間の愚かさを描ききった秀作だと思います。

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー