D-Movie(No.822)

・邦題:『アイ・アム・ニューマン 新しい人生の見つけ方』
・原題:『ARTHUR NEWMAN』
・監督:ダンテ・アリオラ
・脚本:ベッキー・ジョンストン
・キャスト:コリン・ファース、エミリー・ブラント他
・制作:2012年/アメリカ
・ジャンル:ドラマ
・上映時間:93分
・評価:★★★


サラリーマンからプロゴルファーに転身したものの、極度の上がり症から自ら自滅してしまった男性ウォレス・エイブリー(コリン・ファース)。離婚した妻に引き取られた息子ケビン(ルーカス・ヘッジズ)が成長し13歳になった今、今まで邪険にしてきたくせに、ケビンに取り合ってほしくて、彼らが住んでいる家をのぞき見する始末。そんな人生に嫌気がさしたウォレスは、偽造IDで別人に生まれ変わることを決意する。水死を装って今までの自分と決別したウォレスは、アーサー・ニューマンという名前で新たな人生を送りはじめる。そんな矢先、ひょんなことからマイクという変わり者の女性と知りあったウォレスは、成りゆきでマイクと一緒に旅することになるが ...という物語。

『英国王のスピーチ』(2010)のコリン・ファースと『プラダを着た悪魔』(2006)のエミリー・ブラント主演のロードムービー。過去を捨てた男女の奇妙な交流を描いています。二人が出会ってから、車でドライブするシーンはどれも自由と切なさが入り混じっていて素敵です。映像の構図も色もどこかレトロな雰囲気でかっこいい。エミリー・ブラントがすごくかわいいです。コリン・ファースもさすがの演技。個人的には、ウォレスが名前や存在を捨てるまでの苦悩がもう少し深く描かれていた方が感情移入できるのではないかと思いますが、名前は捨てても人生は捨てられなかった男の悲哀と再生がうまく描かれていると思います。

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー