D-Movie(weekly)

・邦題:『シチズンフォー スノーデンの暴露』
・原題:『CITIZENFOUR』
・監督:ローラ・ポイトラス
・脚本:−
・キャスト:エドワード・スノーデン他
・制作:2014年/アメリカ、ドイツ
・ジャンル:ドキュメンタリー
・上映時間:85分
・評価:★★★★★


2013年初め、ドキュメンタリー作家ローラ・ポイトラス監督は、“シチズンフォー”と名乗る人物からコンタクトを試みるメールを受け取る。それによると、NSA(国家安全保障局)が米国民の膨大な通信データを秘密裏に収集している事実について重大な内部告発をする用意があるというのだった。2013年6月3日、ポイトラス監督は、旧知のジャーナリスト、グレン・グリーンウォルドとともに香港へと向かう。ホテルで2人を待っていたのは、エドワード・スノーデンという元CIA職員の青年だった。彼はカメラの前で、NSAの驚くべき活動の実態を詳細に語り始める...というドキュメンタリー作品。

4年前とは言え、まだまだ記憶に新しい”スノーデン事件”。暗殺さえされかねない状況を顧みず、国家による情報監視の実態を暴露したこの事件は、メディアを通した事実というより、映画を見ているような感覚でした。本作は、その渦中にいた監督ローラ・ポイトラスによるドキュメンタリー作品で、当時私達がメディアを通した映像を見て感じた寒気とは全然違う、圧倒的な緊張感に包まれています。スノーデンの行った行為はもちろん、監督と記者のグレンの行動も素早く的確です。インターネットがもたらす利便性や生活環境について、個人を超えた国家という視点を通してあらためて考えさせられる作品です。ちなみに本作は第87回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞しました。

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー